オナクラで働くなら、M男くんを刺激するオプションで稼ごう!

「見るだけで高収入!」というオナクラ店などないという事実

風俗業界を知らない女性が、オナクラ店の「見るだけ」という求人広告に引かれて、面接に行ってみると、男性器を手でしごく“手コキ”や、オプションで脱いだり、触られるという事実を知らされるのは、よくある話です。オナクラ店がだましているといえば、確かにそうかもしれません。しかし、オナクラ店は、れっきとした性風俗店であり、営利を目的としていますから、事情を聞き、理解した上で入店を決めてください。

オナクラのサービスは、ファッションヘルス系と比べ、ソフトな内容と言えるでしょう。加えて、サービス時間が短いため、客単価は高くありません。つまり儲かる方では、ないのです。そのためオナクラ店は、運営費が経営に重くのしかかる固定店舗が、ほぼ存在しません。固定店舗のオナクラは、全国的に見ても数えるほどです。オナクラ店が売上を上げるには、客の回転率を高める必要があります。しかし、容姿に難あり、あるいは並の女性を採用しても回転率は上がりませんので、結果として採用率が下がり、ビジュアルの優れた女性が残ることになります。

オナクラってナニするの? お客は何がうれしいの?

オナクラのサービスとは、どんなものでしょう。基本サービスとしては、女の子が着衣のまま、お客のオナニーしているところを見る、男性器を手でしごく“手コキ”、言葉責め、息吹きかけなどです。しかし、こうした基本サービスだけでは、女の子の収入が上がりません。そこで、お客にオプションを利用してもらうことが必要です。

オナクラのオプションとは、パンティ持ち帰り、女の子の生唾、ブラ見せ、足コキ、コスプレ、ランジェリー姿で接客、お客の乳首を舐める、顔面騎乗、耳かき、フレンチキス、上半身・下半身・全身ヌード、生乳おさわりといったソフトなプレイです。このほか、オナクラらしいオプションとしては、女の子の足や脇の香り嗅ぎ、女の子の足舐め、男性器の写真撮影、男性器の踏み攻撃、お客のアナル指責め、蹴り、ビンタ、おしっこなど、M男くんを刺激する変態プレイがあります。そもそもオナクラとは、着衣の女性を前に、男性客が全裸でオナニーをするというインモラルなものです。女の子が「何やってんだろうな?コイツ」と思うように、あるいはそれ以上に、お客も「何やってんだろう?オレ」と思っているでしょう。実のところ、オナクラにオプションを付けなくても、ヘルスの基本プレイで事足りる、あるいは、それ以上のことが望めます。しかも、オプション付けまくりのオナクラは、ヘルスよりも割高です。しかし、そうしたもどかしさ、背徳感こそが、オナクラ愛好家の醍醐味なのです。

オナクラは、変態オプションと指名で稼ぐ

さて、こうしたオプションの料金は、500円から3,000円ほどです。女の子は、それぞれのオプションをする、しないを自分で決められます。しかし、NGオプションが多いと、お客としては、楽しみが減ってしまうので、指名率が上がりません。風俗店で稼ぐには、いかに指名されるか、リピーターを抱えるかが重要ですので、ナイナイ尽くしにしないで、NGオプションを減らしてみましょう。