初めての風俗のお仕事は、実技講習がないオナクラで決まり!?

お金に困ったら風俗で稼ぐという考え

何らかの理由があって、早くお金を稼がなくてはいけないとき、風俗の仕事は、その力になる場合があります。しかし、風俗の仕事が初めてであれば、フェラチオをしたり、アナル舐めをしたり、指入れされたり、あるいは本番行為をするなど、ハードなサービスには、特に気が向かないでしょう。もっとも切羽詰って、やむを得ない場合は、そんなことを言ってられないでしょうが。

初めての風俗の仕事ならオナクラのようなソフトサービスが望ましい

そこで、できればハードでない、ソフトなサービスを望む方が多いと思います。ソフトサービスのひとつとして、“オナクラ”が挙げられます。主な仕事は、男性がオナニーしているところ見たり、そのお手伝いをするというものです。オナクラ店の求人のほとんどが、“見るだけ”をアピールしますが、実際に見るだけで稼げるわけではありません。少なくとも“お手伝い”が必要です。この場合のお手伝いとは、“手コキ”です。男性客に代わり、ペニスを握りピストン運動をするのです。気持ち悪い、いやかもしれませんが、それが仕事です。それによって報酬を得るのです。

風俗の実技講習に抵抗あり。スタッフとするなんて!?

さて、女性が、風俗の仕事を始めるとき、抵抗があることとして挙げられるのが、実技講習です。風俗店に入店するということは、そこでサービスをする覚悟はできているはずです。しかし、実技講習は、お店で接する店長や男性スタッフが相手になる場合がほとんどで、出勤時に彼らと必ず会うので、気恥ずかしさや抵抗感が募るのです。○○さんは、こういう風にするのかとイヤらしい眼で見られたり、思われたりしてるのではと感じるようになるのです。

オナクラの講習は、ほとんど実技なし

そんな中、オナクラは、ソフトサービスであり、数々のオプションはありますが、実技を交えた講習を行うことはほとんどありません。講習は、教則用のDVDを見たり、マニュアルを読むことで、サービスの流れやその内容をつかむ程度です。こうした敷居の低さもオナクラという風俗の仕事が、女性に人気がある要因のようです。

オナクラの客を満足するには、経験と知識が必要

オナクラを利用する男性客の多くは、自らがオナニーをしているところを女性に見られ、羞恥心を刺激されながらも感じてしまう、精神的にMなタイプです。そのため、女性から罵られたり、虐げられたりする、いわゆる言葉責めで感じてしまう人が多いのです。しかし、お客の趣味趣向、責められて感じるツボは、一様ではなく人それぞれです。それをどう責めるかは、おそらくマニュアルには、詳しく触れられていないでしょう。そこは、お客をよく観察し、経験を積んだり、先輩オナクラ嬢から経験談を聞くなどの努力が必要になるかもしれません。