高額アルバイトにつられてオナクラ店に体験入店

横浜の私立女子大に通うFさん(仮名19歳)は、大学卒業後の海外留学を夢見て、アルバイトをすることにしました。最初は、居酒屋で働きましたが、お小遣い程度しか貯金できません。というのも仕送りが十分でなく、ほとんどが生活費に回していたからです。

高額バイトで見つけた風俗の仕事

そこでインターネットで、“高額アルバイト”と検索してみたところ、風俗の仕事が目に留まりました。最初に興味をもったのが、キャバクラです。でも未成年のFさんが、お酒を飲むわけにはいきませんし(18歳以上なので、飲まないでも接客はできますが)、衣装などいろいろ準備をしなくてはならないそうであきらめました。

次に目が留まったのが、オナクラという仕事です。オナクラは、“脱がない、舐めない、触られない、日給3万円以上”とあります。早速、Fさんは、お店に電話をし、後日面接をすることにしたのです。

オナクラの面接は、何ら心配のいらないごく普通の内容にひと安心

オナクラ店の面接は、お店近くの喫茶店で行いました。面接官は、スーツを着て、ネクタイをしっかりと締めた30代の男性です。風俗の仕事ということで、ヤクザっぽい人を想像し、警戒していたFさんですが、密室ではない公の場で、また面接官がごく普通のサラリーマン風ということで、安心できました。彼は、丁寧な口調で、また、ほかの客に聞かれないように、仕事の内容については、紙面で紹介してくれました。面接の最後に、彼は、こう言いました。
「入店は、強制しませんので、引き続き興味があれば、体験入店から始めてください。その返事は、いつでも結構です。私は、この後、事務所に戻りますが、どうされますか」

初めての風俗、オナクラ店で体験入店

すっかり、警戒心を解いていたFさんは、そのまま彼の後をついて、体験入店をすることにしました。事務所に行くと、従業員の名簿作成と年齢確認のため、身分証のコピーを取られました。これは、風営法に則った対応です。その後、接客マニュアルのDVDを見ながら、1時間半ほど時間が過ぎたころ、彼女の名が呼ばれました。初めての接客です。

ただ見られているだけ、見てるだけで勝手イク、気持ち悪い客

事務所近くのレンタルルームに行くと、これまたごく普通の男性が待っていました。事務所を出る前に言われた源氏名を言って挨拶をし、部屋に招かれると、その客は、はあはあ言って、下半身を露出。突然の出来事に、Fさんは、悲鳴を上げて目を閉じました。すぐに、何かをする音が彼女の耳に入ってきます。男性が、オナニーを始めているのです。そして、「ねえ、君。僕がオナニーしてるの見てよ! ねえ、どう思う?」と声をかけてきます。彼女は、怖くてその場に立ち尽くしたまま、目が開けられません。でも、男性は、近づいて来たりはしていません。彼女は、そっと目を目を開くと、そこには、白濁の精液を放出して、満足そうな顔をしている客が全裸でひざまづいていました。

彼女は、思わず、こう漏らしました。「きっ、気持ち悪い」

初めての風俗のお仕事は、実技講習がないオナクラで決まり!?

お金に困ったら風俗で稼ぐという考え

何らかの理由があって、早くお金を稼がなくてはいけないとき、風俗の仕事は、その力になる場合があります。しかし、風俗の仕事が初めてであれば、フェラチオをしたり、アナル舐めをしたり、指入れされたり、あるいは本番行為をするなど、ハードなサービスには、特に気が向かないでしょう。もっとも切羽詰って、やむを得ない場合は、そんなことを言ってられないでしょうが。

初めての風俗の仕事ならオナクラのようなソフトサービスが望ましい

そこで、できればハードでない、ソフトなサービスを望む方が多いと思います。ソフトサービスのひとつとして、“オナクラ”が挙げられます。主な仕事は、男性がオナニーしているところ見たり、そのお手伝いをするというものです。オナクラ店の求人のほとんどが、“見るだけ”をアピールしますが、実際に見るだけで稼げるわけではありません。少なくとも“お手伝い”が必要です。この場合のお手伝いとは、“手コキ”です。男性客に代わり、ペニスを握りピストン運動をするのです。気持ち悪い、いやかもしれませんが、それが仕事です。それによって報酬を得るのです。

風俗の実技講習に抵抗あり。スタッフとするなんて!?

さて、女性が、風俗の仕事を始めるとき、抵抗があることとして挙げられるのが、実技講習です。風俗店に入店するということは、そこでサービスをする覚悟はできているはずです。しかし、実技講習は、お店で接する店長や男性スタッフが相手になる場合がほとんどで、出勤時に彼らと必ず会うので、気恥ずかしさや抵抗感が募るのです。○○さんは、こういう風にするのかとイヤらしい眼で見られたり、思われたりしてるのではと感じるようになるのです。

オナクラの講習は、ほとんど実技なし

そんな中、オナクラは、ソフトサービスであり、数々のオプションはありますが、実技を交えた講習を行うことはほとんどありません。講習は、教則用のDVDを見たり、マニュアルを読むことで、サービスの流れやその内容をつかむ程度です。こうした敷居の低さもオナクラという風俗の仕事が、女性に人気がある要因のようです。

オナクラの客を満足するには、経験と知識が必要

オナクラを利用する男性客の多くは、自らがオナニーをしているところを女性に見られ、羞恥心を刺激されながらも感じてしまう、精神的にMなタイプです。そのため、女性から罵られたり、虐げられたりする、いわゆる言葉責めで感じてしまう人が多いのです。しかし、お客の趣味趣向、責められて感じるツボは、一様ではなく人それぞれです。それをどう責めるかは、おそらくマニュアルには、詳しく触れられていないでしょう。そこは、お客をよく観察し、経験を積んだり、先輩オナクラ嬢から経験談を聞くなどの努力が必要になるかもしれません。

吉祥寺のお風呂で働く女性ならではの稼げるナイトワーク求人とは

吉祥寺でナイトワークの求人を探すのならお風呂がおすすめです。
吉祥寺にはオナクラ、箱ヘルと呼ばれる店舗型のヘルス、デリバリーヘルス、ピンサロなど多くの女性のためのナイトワーク求人がありますが中でも吉祥寺のお風呂は女性のナイトワーク求人の中でも収入の面で最も安定して高級が稼げるのが特徴です。
吉祥寺で女性のナイトワークを始める時にはまずハンドサービス中心のオナクラやキャバクラなどからはじめられる女性も多いのですが、徐々に高収入を求めて、出張エステ、デリバリーヘルス、ファッションヘルスとナイトワークの求人を探して行く女性が多く、やがてお風呂に決めるという方が多いのです。
吉祥寺のお風呂はそのエリアの特性上、紳士なお客様が多く、お風呂でも安心して働くことが出来るのが特徴で、やりがいを持って働くことができますし、頑張り次第でひと月に何十万円も稼ぐことが出来ます。
お風呂で働く女性の中には普段会社員として働いている方や、主婦として家事や育児を頑張っている方もいて、自分のペースに合わせて出勤し、効率よく高給を稼ぐという方も多くいらしゃいます。
短い期間で目標金額を達成するのに最適なナイトワークと言えるでしょう。

新宿のオナクラ求人情報!10代女子でも物凄い高収入がゲット☆

オナクラのお仕事も人気です

関東地方の夜の遊び場として新宿は絶大な知名度があります。
オナクラ以外にもソープ、ホテヘル、ファッションヘルス、デリヘル、コスプレ店と様々な風俗が集結しています。
その多くが高収入を得られる求人を募っており、10代女子でも新宿で風俗のお仕事がサクッと始められます。
普通のお仕事だと10代女子は下っ端扱いされがちですが、
新宿の風俗のバイトなら、一人前のレディとして扱ってもらえます。
高校生の応募は不可となっていますが、18歳以上の10代女子なら高収入ゲットのチャンスが得られます。
新宿の風俗系の求人は、シフトや勤務時間が自分で決められます。
夜しか働けない10代女子でも短時間労働で高収入が得られます。
親元を離れて独立したい方は、夜の新宿で生活費をドカッと稼いでみましょう。

無料で衣装やドレス、コスプレを借りられる特典もあり!

風俗の求人はキャストの募集だけではありません。
ヘアメイクさんや送迎のドライバーさんを募集しているお店もあります。
高収入は当然で、そういった一般のバイト以上の高待遇の求人が見つけられるのも夜の新宿の特権です。
キャストさんは無料で衣装やドレス、コスプレを借りられる特典もあり、
ちょっと変身願望がある10代女性の方にも向いたアルバイト先となっています。
週一日だけの出勤でもOKですので、多忙な大学生や専門学校生でも気軽に応募してみましょう。

M男だけではない、裏メニュー目当てのお客にご用心!?

オナクラのお客は、M男が多いけど

性風俗店の業種の中で、最もソフトサービスと言われるオナクラ。お客の多くは、M男(マゾっぽい男性)で、虐げられて、辱められることで性的に興奮し、自慰行為で射精します。オナクラで働くコンパニオンたちは、お客の自慰行為を促すための“おかず”ですから、一般に容姿が優れていることが求められます。少なくともデブやブスと形容される方の入店は、難しいでしょう。仮に入店できたとしても、多くが集団待機であり、ほかのコンパニオンが指名を受けて出入りしているのに、自分だけが指名を受けないでいれば、写真で選ばれていないことを痛感することになります。在籍だけしてもお金が入るわけではありませんし、周りから「指名を受けないデブでブス」と思われてるのではと被害妄想、精神的ストレスを感じるようになるかもしれません。

容姿に優れた女性目当てにヘルスプレイを求めるお客も!

カワイイ、キレイな女子をおかずとして求めて、オナクラ店に来るお客がいる一方で、おかずではない目的で来店するお客もします。オナクラは、ソフトサービスと言われていても風俗です。その多くは派遣型で、レンタルルームやラブホテルの部屋という密室で、コンパニオンとお客だけになります。よって、その部屋で起きていることは、すぐに店舗のスタッフに知れるわけではありません。また、互いに黙っていればわかりません。だから、オナクラのサービスの範疇を超えて、ファッションヘルスまがい、あるいはそれ以上のサービスを目的に利用するお客が現れる可能性があるということです。

最初は嫌って言ってたのに、現金を見せられたら気が変わって……

入店当初には、NGばかりだった女性が、いつしかキスやフェラチオをするようになることがあります。これは、お客から現金を見せられると、つい気持ちが変わってしまうからです。オナクラ店のコンパニオンにとって、“見るだけ”で得られる収入は多くありません。30分あたり3千円から5千円程度のサービス料で、手取りはその半分ほどですから。これに、さまざまなオプションを受けることで収入を上乗せしていくのですが、最初は、抵抗感が強いわけです。しかし、徐々に見るだけでは稼げないという現実に直面し、目の前の現金に目がくらんでしまうのです。「自分は違う」と思っても風俗慣れしたお客から、うまく乗せられ口説かれて、ということも十分あり得るのです。お店によってはオプションによる収入も折半される場合があります。しかし、密室のことなので、“黙っていれば”わかりませんし、まるまるコンパニオンの手取りになるのです。

オナクラの裏メニュー? いつしかヘルスプレイ!?

これに味を占めると、お店のサービスメニューに載っていない、言うなればヘルスプレイのような裏メニュー、お客からのリクエストも聞き入れてしまうようになるかもしれません。オナクラ店の求人広告が気になったら、こうしたことを見越して利用するお客がいることを覚えておいていた方がいいでしょう。もっとも、稼ぐには、手段を選ばないという方であれば、無用な忠告ですが。

風俗業界で異質なオナクラ。その傾向と対策

性風俗業界におけるオナクラの位置づけ

デリヘルやイメクラは、全裸の風俗嬢が、肉体的に客を刺激して疑似恋愛をしたり、フェラチオや素股などで疑似セックスをすることで性的興奮を高め、主に射精を促すことを目的とした性風俗です。

一方、オナクラは、基本サービス内でコンパニオンが服を脱ぐことはなく、手コキがあるくらいで、彼女らが肉体的に客を刺激することはありません。その代わり、客自らが、精神的に性的興奮を高めていくのです。その方法は、言葉責めをされることであったり、コンパニオンの様子や反応を見ることです。このあたりは、性風俗業界の中でSMと並び、性的倒錯の傾向をもった特殊なプレイと言えます。

オナクラ店のお客にとって、「言葉責めは、言葉による愛撫」

言葉責めには、「汚らわしい!」「変態!」といった直接的な罵倒もあれば、「こんなに感じちゃって、イヤらしいのね」「恥ずかしい格好して、興奮してるの?」という、状況を客観的に指摘することで、相手を辱めるものもあります。「言葉責めは、言葉による愛撫」と考えるオナクラのお客は、こうした言葉責めに罵られたり、辱められることで自らを蔑み、性的興奮を覚えます。

SMプレイで言うところの“調教”という“言葉責め”にあい、辱められ、服従することで興奮や満足感を抱きますが、彼らには、それに似たところがあります。実際、オナクラの客の多くは、M(マゾヒスト)の傾向があるようです。

オナクラ嬢は、カワイイ、キレイなだけじゃない。理想のオカズになるために

次に、コンパニオンの様子ですが、彼女たちは、基本サービスの中で脱ぐことはありません。フェラチオ、素股、アナルファックなどハードプレイもしません。彼女たちは、着衣のままで、お客の理想のオカズにならなければならないのです。そこで、お客の趣味嗜好にあった髪型、メイク、服装など、身だしなみや容姿に気を遣うのです。デリヘルやソープでは、脱がせる、脱ぐことお客に興奮してもらいますが、オナクラは逆で、いかに脱がないままで興奮してもらうかがポイントなのです。

嫌がる女性を見ると興奮し、射精してしまうオナクラのお客

最後は、コンパニオンの反応です。想像してみてください。着衣の女性と脱衣の男性。男性は、着衣の女性の言葉や仕草、反応で興奮し、勃起し、射精を試みるのです。シュールで、滑稽な感じのする奇妙な状況の中、女性が、嫌がって目を背けたり、激しく罵ったり、といった反応が、オナクラに通う客の醍醐味なのです。また、オプション料金を払い、コンパニオンの足や脇の下を嗅ぐというプレイがあります。これも、それそのものに興奮するというよりも、コンパニオンが嗅がれたくない、恥ずかしいことをされることで出る表情に、客は興奮するのです。その行為は、シャイなものですが、性的倒錯の傾向があります。

求人情報に載らないオナクラ嬢のなすべきこと

こうしたお客の欲求に応えるべく、オナクラ店で働く風俗嬢たちは、普段自分が着ないような服を着たり、コスプレをすることがあります。また、気の強い女王様のように罵倒したり、無垢な少女になりきって、本気で嫌がったりするのです。オナクラは、SMの世界もそうですが、素でシラケてしまっては成り立たない、シチュエーションプレイと言えるでしょう。

オナクラ嬢は、他の性風俗とは大きく異なり、お客のオカズになるべく、場やお客の妄想を盛り上げ、満足させなくてはいけない、特殊なテクニックを必要とされます。お店の求人情報には、「見てるだけで簡単! 高収入!」と書かれていることはあっても、このようなことは、あまり載っていないでしょう。しかし、オナクラ店に入店して稼ごうと思えば、その現実を目の当たりにするはずです。